青汁

自分のあった青汁の選び方:自分に合った青汁のタイプ(ドリンク・粉末・冷凍・サプリ)

青汁選びのポイントとして

  • ドリンクタイプの青汁
  • 粉末タイプの青汁
  • 冷凍タイプの青汁
  • サプリメントタイプの青汁

など、タイプ別、青汁のメリット・デメリットを紹介します

自分に合う青汁のタイプを選ぼう

自分に合ったタイプの青汁を選ぶためには、主原料以外にも飲むときのタイプに分けて選ぶことも可能です。

ドリンクタイプの青汁

ドリンクタイプの青汁

【メリット】
栄養価が高い

【デメリット】
青臭く飲みづらい

まず挙げられるのが、ドリンクタイプの青汁です。
ボトルにそのまま液体が入っているのが特徴で、野菜ジュースのように味が整えられているものは少なく、栄養価を重点に置いていることから味は二の次になっており、青臭く飲みづらいと感じる人が多いとされています。
青臭さや苦味が良いという人には美味しく飲めますが、野菜の苦味などが苦手な場合には避けたほうが無難といえます。
ただし、栄養価は高いと考えられています。

粉末タイプの青汁

粉末タイプの青汁

【メリット】
熱処理をしていないため、ビタミンが損な割れずに取り入れることができる
外出先にも持っていくことが可能

【デメリット】
粉っぽく感じることがある

一般的なのが粉末タイプの青汁です。
水やお湯などに溶かして飲むタイプで、牛乳や豆乳、フルーツジュースなどで割って飲んでも美味しく飲むことができます。
顆粒タイプとフリーズドライタイプの二種類があります。

フリーズドライは熱処理をしていないため、ビタミンが損な割れずに取り入れることができるというメリットがあります。
栄養バランスはよく、水に溶かしの持ち歩いたり、粉末をそのまま持ち歩くことで、外出先にも持っていくことが可能です。

便利なタイプですが、粉末状になっているため飲む時に粉っぽく感じることがあります。
それも飲んでいくうちに慣れてきます。

冷凍タイプの青汁

【メリット】
鮮度の高い状態で冷凍してあるため味も栄養も豊富

【デメリット】
青臭さや苦味がある

冷凍タイプの青汁は、文字通り生の青汁を絞って冷凍したものです。
ドリンクタイプと比べて、鮮度の高い状態で冷凍してあるため味も栄養も青汁そのものと言えるタイプになります。

粉末タイプと比べても食物繊維は冷凍タイプの方が圧倒的に多く含まれています。
栄養素も冷凍タイプの方が豊富になります。
これも、野菜本来の味が強いため、青臭さや苦味を感じてしまいます。

サプリメントタイプの青汁

サプリメントタイプの青汁

【メリット】
飲みやすく、管理がしやすい 簡単に飲むことができる

【デメリット】
一錠あたりに含まれる栄養素が少ない

サプリメントタイプの青汁は時間がないときでも飲みやすく、管理のしやすいタイプになります。
簡単に飲むことができますが、一錠あたりに含まれる栄養素が少ないため多めに摂取することが必要となります。
一度に摂取することは難しいため、毎食後の後など1日に何度かに分けて摂取することで効果を発揮します。

どのようなタイプであれメリットとデメリットが存在していきます。
また、同じ野菜でも原産地や製品化するときの高低によって栄養素は異なってきます。
青汁を選ぶ場合には、原材料や原産地、製品工程などを比較した上で、自分の得たい効果や好み、ライフスタイルに合わせてあったタイプを選んでいくことをオススメします。
最も大切なのは、毎日続けて飲むことです。
そのため無理なく続けられるタイプを選ぶことが重要となります。

偏った食事や外食中心、食の欧米化などによって野菜不足の人が増えています。
そんな野菜不足を補うのに効果的なのが青汁です。

青汁は野菜の絞り汁のことをいいますが、市販の青汁は様々な野菜が使われており、栄養豊富なのが特徴となっています。
まずい飲み物の代表的な存在でしたが、近年ではヨモギや小松菜、ハチミツなどを使って比較的飲みやすくなっています。

青汁の代表的な食材としては、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などが挙げられます。

キャベツやブロッコリーの原種「ケール」

キャベツやブロッコリーの原種「ケール」

ケールは、アブラナ科の植物でキャベツやブロッコリーの原種とされています。独特の香りと強い苦味を持つ植物で、青汁などに加工して摂取することが一般的です。

栄養価は非常に高く、カロテノイド系の色素であるルテインやβカロチンを豊富に含んでおり、牛乳の2倍ものカルシウム、メラトニン、ビタミンEやビタミンC、食物繊維などが含まれています。

これらの栄養素によって、皮膚の粘膜を丈夫にしたり、アンチエイジング効果、良質な睡眠を促す効果やストレスを緩和したり、免疫力を高める作用などを期待することができます。

生活習慣病を予防する「大麦若葉」

大麦若葉は、文字通り大麦の若葉になります。
ケールに比べて飲みやすく青汁を初めて飲む人でも飲みやすいのが特徴です。

SOD酵素やカルシウム、鉄分、亜鉛、カリウムなどのミネラル類やβカロチン、ビタミンB、ビタミンC、トリプトファンなどのアミノ酸、食物繊維などがバランス良く含まれています。

生活習慣病を予防したり、細胞の健康を維持する、歯や骨を丈夫にしたり、冷え性を改善するなどの効果があるとされています。

生命力が強い「明日葉」

v

明日葉は、セリ科の植物です。
生命力が強く、若葉を摘んでも明日には伸びるということから明日葉という名になっています。
βカロチンやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのほか、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル類、食物繊維などが含まれています。

摂取することによって生活習慣病を予防するほか、免疫力を高めたり、便秘を解消する、美肌効果などを得られます。

1-デオキシノジリマイシンが含まれている「桑の葉」

1-デオキシノジリマイシンが含まれている「桑の葉」

桑の葉は、青汁以外にもお茶やサプリメントなどに利用されています。

ビタミンやミネラルなどのほか、特有の成分1-デオキシノジリマイシンという成分が含まれているのが特徴です。

これらの成分によって、血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防したり、脂肪の蓄積を防ぐなどの効果が得られます。

青汁はこのような主原料で選ぶことができます。

この記事を読む

青汁で摂れる栄養11種:青汁でどんな栄養が摂れるの?

気になる青汁について

  • 青汁の栄養成分
  • 青汁に含まれる栄養

について紹介します。

青汁栄養

手軽に飲める健康食品として有名な青汁ですが、どんな栄養が摂れるのか具体的にご存知でしょうか。

青汁は一般的な野菜以上に複数のビタミン類がたくさん含まれています。
ですので、どんな栄養素が含まれているのか具体的に知っている方というのは少ないのです。

しかし、せっかく健康に気を使って青汁を飲むならば、きちんと含まれている栄養素を把握しておいたほうが、食生活の面でも何か役に立つかもしれません。
では青汁にはどんな栄養が含まれているのか詳しく見ていきましょう。

青汁栄養

青汁に含まれる栄養

POINT1
ビタミンA(βカロテン)

【特徴】
ケール・大麦若葉・肉類・ほうれん草に含まれる

【効果】
皮膚や粘膜に良い作用をもたらす
視力の維持を助ける効果

ビタミンA(βカロテン)

青汁に含まれている代表的な栄養素といえば、ビタミンA(βカロテン)です。
主に肉類に含まれている栄養素ですが、青汁にはこれがたくさん含まれています。
ほうれん草などの野菜にも確かにビタミンAには含まれていますが、その量は極微量で、野菜からはあまり摂取できないと言われています。

しかし、青汁の原料であるケールや大麦若葉には豊富に含まれており、青汁の主要栄養素となっているのです。
このビタミンAは皮膚や粘膜に良い作用をもたらすとされています。
視力の維持を助ける効果もあり、非常に注目されている栄養素です。

POINT2
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群

【特徴】
水溶性ビタミン

【効果】
細胞の代謝

もう一つ青汁の栄養素で重視しておきたい栄養素はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群です。

このビタミンB群は総じて水溶性で、体内に長く留まることができず、不必要な分はすぐに排出されてしまいます。
その為、例えばダイエット中など食事を制限して生活していた場合、真っ先に欠乏してしまうのはこれらビタミンB群なのです。

また、ダイエットをしていなくても水溶性ビタミンは日々排出されていくので、毎日の食事から摂取しなければなりません。

青汁にはこれらのビタミンB群が非常に豊富で、不足しがちな水溶性ビタミンの摂取を補助することができます。
これらの栄養素は細胞の代謝に関わる重要な栄養素なので、不足しないよう心がけて摂取していきたいものです。

POINT3
ビタミンC

【特徴】
水溶性ビタミン

【効果】
抗酸化作用を持ち、若返り栄養素とも言われる

そして、有名な栄養素であるビタミンCも青汁は豊富に含んでいます。
抗酸化作用を持ち、若返り栄養素とも言われることのあるビタミンCですが、実は意識して摂取しないと不足しやすい栄養素なのです。

その理由は先程のビタミンB群と同様に、水溶性であることが理由です。
その為、毎日欠かさずに摂取しておくことが健康への近道と言えるでしょう。

POINT4
葉酸

【特徴】
妊娠中の方は特に重要な栄養素

【効果】
赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低下させる効果

青汁にはまだまだ栄養素が含まれており、その中には葉酸も含まれています。

意外と馴染みがない栄養素かもしれませんが、妊娠中の方にはとても重要な栄養素で、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低下させる効果があります。
安定的な摂取が難しい栄養素なので、青汁から摂取できるのは大変便利ではないでしょうか。

POINT5
ビタミンE、ビタミンK

【特徴】
脂溶性ビタミン

【効果】
止血に関わる因子の産生を促進
抗酸化作用によって体内の脂肪の酸化を抑える

ビタミンE、ビタミンK

その他にはビタミンE、ビタミンKなども含まれています。
ビタミンA程含まれているわけではありませんが、止血に関わる因子の産生を促進したり、抗酸化作用によって体内の脂肪の酸化を抑えたりする効果もある、大変重要な栄養素です。

ビタミンCのような水溶性ではなく、脂質に溶ける脂溶性ビタミンなので欠乏することはまずありませんが、ごく稀に欠乏することもあります。
青汁から毎日少しずつ摂取することによって、こういったまれに起こる欠乏症を予防することが可能です。

POINT6
ナトリウム、カリウム

【特徴】
調理によって損失が起こりやすい栄養素

【効果】
高血圧

そして忘れてはならない栄養素が、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分です。
青汁にもその他野菜同様、豊富なミネラルが含まれています。

塩分として知られるナトリウムよりも魅力的なのがカリウムで、これは高血圧にも非常に有効な栄養素です。
病院食にもカリウムは使われることもあり、医療関係でも大変重視されているミネラルで、日々欠かさず摂っておきたい栄養素の1つと言えます。

調理によって損失が起こりやすい栄養素ですが、青汁ならばそういった損失が無いので効果的に摂取できるでしょう。

POINT7
食物繊維

【特徴】
青汁ではケール、大麦若葉、明日葉に含まれる

【効果】
便秘解消
肌荒れ改善
不要な脂質やコレステロール排出
肥満や生活習慣病を防ぐ

食物繊維

青汁と聞いてまず、誰もがイメージしやすい栄養素の一つが食物繊維です。
この栄養素は腸内の老廃物の排出を促し、スッキリさせる効果があります。

最近は偏食から野菜離れをしてしまう方が多かったり、ストレスから腸内環境が乱れて便秘になり、悩む方が増えています。
便秘になると毎日スッキリできないだけでなく、免疫力が低下して体調を崩しやすくなったり、消化機能も低下するため全身の新陳代謝が低下して太りやすくなってしまいます。

さらに肌の代謝も低下するため、ニキビや吹き出物などの肌荒れを生じやすくなります。
しかし、食物繊維を豊富に摂ることで、腸内の老廃物を絡めとり、排出を促すため腸内環境を整えて全身の新陳代謝を活発にすることができるのです。

それにより、不要な脂質やコレステロールなども排出することができるため、肥満や生活習慣病を防ぐことができます。

そんな栄養素を多く含むのはケールや大麦若葉、明日葉などです。
青汁はこれらの野菜を主原料としているため、普段の食事で不足しがちなこの栄養素を摂ることができるのです。

POINT8
カルシウム

【特徴】

【効果】

そして、次にご紹介するのがカルシウムです。
乳製品や小魚に含まれているイメージが強くありますが、実は野菜にも含まれており、我々の骨や歯を作る栄養素です。

これが不足することで骨粗鬆症になったり、骨が細く弱くなってしまいます。
つまり、健康に長生きするためには毎日きちんと摂取した方が良いのですが、牛乳嫌いや魚嫌いだとなかなか食事から摂れません。しかし、青汁には小松菜やパセリ、モロヘイヤやケール由来のカルシウムが含まれています。そのため乳製品や野菜が嫌いな方でも簡単に摂ることができるのです。

POINT9
ミネラル

【特徴】
体内では生成することができない成分
カリウム、マグネシウム、鉄など

【効果】
カリウム:むくみ予防
マグネシウム:骨の形成をサポート
鉄:造血作用

また、青汁にはミネラル成分も豊富に含まれています。
これらは体内では生成することができない成分のため、食事からしっかり摂取することが必要なのですが、偏食の場合はなかなかバランス良く摂ることができません。

しかし、青汁の主成分の一つである大麦若葉にはミネラルとしてカリウム、マグネシウム、鉄などが含まれています。

カリウムはむくみ予防効果があり、マグネシウムには骨の形成をサポートしたり筋肉の収縮を正常に行うために必要な栄養素です。
また、は造血作用のある成分で不足すると貧血になり、体調不良やふらつきを生じやすくなってしまいます。

POINT10
リン、亜鉛

【特徴】
明日葉 青汁明日葉に含まれる
リン:カルシウムとマグネシウムと結合することで骨の形成をサポート

【効果】

神経や筋肉の働きを正常にし、体内で生成されたエネルギーを蓄える効果
肌や髪に潤いとツヤを与える

また、主成分である明日葉には多くのミネラルが含まれており、上記のミネラルに加え、リンや亜鉛も含まれています。

リンはカルシウムとマグネシウムと結合することで骨の形成をサポートしたり、神経や筋肉の働きを正常にし、体内で生成されたエネルギーを蓄える効果があります。

そして亜鉛は我々が生きて行く上で必要不可欠なミネラルで不足すると性機能が低下して不妊になったり代謝異常を起こしてしまいます。
肌や髪に潤いとツヤを与えるためにも必要な栄養素です。

銅やマンガン
【特徴】
銅:鉄による働きをサポート
マンガン:骨の形成をサポート

【効果】
貧血予防や成長を促進する効果
性ホルモンの生成をサポートし、性機能の低下を抑制する効果

また、青汁には茶葉由来の銅やマンガンが含まれていることもあります。
銅は鉄による働きをサポートして貧血予防や成長を促進する効果があります。
そしてマンガンには骨の形成をサポートしたり性ホルモンの生成をサポートし、性機能の低下を抑制する効果があります。

このように青汁には様々な栄養素がバランス良く配合されています。
主原料によって含まれる栄養素は多少異なりますが、どれも食物繊維や普段の食事で不足しがちなミネラル成分が豊富に含まれています。
そのため毎日飲むことで健康維持をしたり美容効果を得ることができるのです。

この記事を読む

青汁の飲み方、回数やタイミング、レシピ

気になる青汁について

  • 青汁は一日に何度摂るの?
  • 青汁を摂るのは朝?夜?
  • 青汁を飲む効果的なタイミング
  • 熱を加えたら栄養が壊れる?
  • 飽きてきた時のアレンジ方法

を紹介します。

青汁について質問

日ごろの野菜不足と食生活を改めるため、手軽な青汁を初めてみようという人も多いはず。
これから青汁を飲む人のために、基本の青汁の飲み方、回数やタイミング、アレンジレシピやおすすめの飲み方についてご紹介します。

青汁の主な素材について

青汁は一日に何度摂るの?

 




青汁は大量に取ればいいというものではありません。
基本は一日コップ一杯など商品の説明通りの一回分を摂るようにしましょう。
一日分の量を守れば小分けにして数回に分けて飲んでも構いませんが、新鮮さが損なわれることのないような管理の方法が必要です。とはいえ、多い少ないで健康被害が出るようなものではありませんので、適量を目安に安心して飲むようにしましょう。

青汁を摂るのは朝?夜?

 




青汁というと寝起きの一杯、というイメージがありますが、薬と違いますのでいつ飲んでも構いません。
ライフスタイルに合わせて、飲みやすい時間帯で飲むようにしましょう。
例えば、朝食欲がない人には青汁を朝食代わりにしてもいいですし、夜食べ過ぎてしまう人は夕食前に青汁をゆっくりと飲むことで食べ過ぎを防止することができます。
ランチタイムに時間がなくておにぎりだけという人も、青汁をプラスするだけで栄養満点になります。

青汁を飲む効果的なタイミング

 




時間帯は自由に決めても、決めなくても構いませんが、効果的に青汁生活を続けていくためには、目的に合ったタイミングで飲むようにしましょう。
栄養補給には朝一番が最も体に吸収されやすくなります。
ダイエット目的ならば食事前がおすすめです。
食物繊維が豊富に含まれている青汁は便秘解消にも効果的です。
その場合は就寝前に飲むようにすると、翌朝スッキリが実感できるかもしれません。

熱を加えたら栄養が壊れる?

 




青汁を料理に使う、寒い冬にホットで飲む、そうしたときに気になるのが熱を加えたら栄養が壊れてしまうのではないかということ。
実際、生野菜を茹でると水に溶けやすいビタミンCはお湯の中に流れ出てしまうということがあります。
しかし、そのお湯も一緒に飲むホットの青汁なら問題ありません。
熱で壊れやすい栄養素に酵素がありますが、その酵素を十分に取りたい場合は過熱は控えるのがベター。
青汁の作り方には2種類あり、加熱製法と非加熱製法があります。
酵素が含まれるのは非加熱製法の青汁なので、製法の違いを確認してから飲み方を工夫するとよいでしょう。

飽きてきた時のアレンジ方法

 




青汁は毎日続けてこそ健康効果が表れるものですが、さすがに飽きてしまったという場合も考えられます。
また、青汁を飲んでみたけれど、味がどうも受け付けられないという場合もあるかもしれません。
そんな時に役立つアレンジ方法や飲みやすくする工夫をご紹介しますので覚えておくと便利です。

青汁おすすめレシピ

青汁は普段不足しがちな栄養素をたっぷり含んだ理想的な飲み物です。
食べ方や飲み方を工夫すれば、その使い方は無限大。
オリジナルレシピを色々考えて、毎日の食生活改善に役立てましょう。
青汁の飲み方に難しいルールはないので、自分のライフスタイルに合わせて上手に青汁を取り入れていきましょう。

青汁レシピ1 牛乳やジュースに溶かして

スムージー+青汁

【牛乳+青汁】
通常水で薄めて飲む青汁ですが、牛乳で溶かしても美味しく飲むことができます。
ちょうど抹茶ラテのような味になるので、はちみつや砂糖をお好みで加えることでさらにリッチな味わいになります。
ホットミルクを使用すれば午後のリラックスタイムに最適です。

【ジュース+青汁】
また、リンゴジュースなどと混ぜても自家製ミックスジュースのように飲むことができます。
甘さが加わることで飲みやすくなり、フレッシュなフルーツが健康的です。

【お好みのスムージー+青汁】
手作りのスムージーに粉末の青汁を足せば、手軽に栄養満点のオリジナルスムージーの出来上がりです。

青汁レシピ2 グリーンパンケーキ

青汁レシピ グリーンパンケーキ

野菜嫌いの子供にも青汁を与えたい。そんな時は一工夫してパンケーキを作ってみましょう。
市販のホットケーキミックスを使えば、簡単時短レシピの完成です。

  1. ホットケーキミックスに卵、牛乳、青汁一袋を加えて混ぜ生地を作ります。
  2. フライパンやホットプレートでふんわり焼けば出来上がりです。
  3. バターやメープルシロップと一緒にいただきましょう。

緑の色だけでも拒否反応を示すこともあるので、プレーンな生地とざっくり混ぜてマーブルにしたり、にんじんのすりおろしを混ぜたオレンジのパンケーキで3色にしたり、と工夫してあげましょう。

青汁レシピ3 翡翠色のとろろご飯

翡翠色のとろろご飯

青汁の特徴である緑色が美しいとろろご飯で、スタミナアップを目指しましょう。
お年寄りでも食べやすいのでおすすめです。

  1. 山芋を擦り、麺つゆを少しづつ足していきながら混ぜます。
  2. そこに青汁一袋を入れてきれいな緑色になるまで混ぜましょう。
  3. あとは麦ごはんにかけるだけ。

見た目もさわやかな翡翠色のどんぶりになります。
過熱をしないで調理できるので、非加熱製法の青汁を活用したいときにも使えます。
フリーズドライのを使う場合には水などでいったん戻してからとろろに混ぜ込むようにしましょう。

【参考サイト】
(元)整体師が教える健康レシピ
青汁系商品の徹底比較!スムージーとのアレンジレシピを一挙公開

この記事を読む

青汁を飲んでいる芸能人、モデル、セレブ

青汁を飲んでいる芸能人

ダイエットや美容、健康すべてに意味がある青汁は今たくさんの芸能人やモデルさんが飲んでいます。

モデルの近藤千尋さんも愛飲してる「すっきりフルーツ青汁」

「すっきりフルーツ青汁」はモデルさんの中でもたくさんの人が飲んでいます。
そのうちの一人の近藤千尋さん。モデルの仕事や家事、今では妊婦さんになって体型維持が大変だと思います。
しかしそんな忙しい近藤さんでも妊娠する前も妊娠してからも体型が維持できていたのは「スッキリフルーツ青汁」の影響も大きいのです。

モデルの近藤千尋も愛飲してる「すっきりフルーツ青汁」

「すっきりフルーツ青汁」ってどんな青汁?

フルーツや野菜の成分がたっぷりと凝縮されているため、置き換えダイエットにも向いています。
置き換えダイエットって肌に悪いのでは・・・と思う人もいると思います。
しかし「すっきりフルーツ青汁」には美容成分も贅沢なほどに入っていて身体にもお肌にも優しいです。
野菜嫌いの方にも、お子様にも飲みやすい味になっていて、豆乳や牛乳を足したりとアレンジしても美味しく飲めます。

すっきりフルーツ青汁

「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」ペコさんや、渡辺美奈子さん、今井華さん、大倉士門さん一押し青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

インスタグラムやツイッターなどのSNSで多くの芸能人やモデルさんがその効果を評価しています。
最近ダイエットに大成功した人気モデルの「ペコ」さん、「渡辺美奈子」さん「今井華」さん、女性だけでなく「大倉士門」さんも愛用しています。
ダイエットがなかなか続けられないズボラな方でも簡単に続けられます。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

ギャルのカリスマ「斉藤夏海」さんプロデュースの大人気青汁「ハッピーマジック」

「ハッピーマジック」も有名です。
人気ギャル雑誌の表紙を飾ったギャルのカリスマ「斉藤夏海」さんプロデュースの大人気青汁です。
青汁とは思えない可愛いパッケージや、国産素材にこだわり美容にもダイエットにも効果のある成分がたっぷり含まれています。
味には抹茶風味とフルーツ風味の二種類から選べます。
定期コースにしても途中で味を変えることができるので飽きずに続けられます。

ギャルのカリスマ「斉藤夏海」さんプロデュースの大人気青汁「ハッピーマジック」

「ハッピーマジック」を飲んでいる「斉藤夏海」さんは肌も綺麗

プロデュースした「斉藤夏海」さんはスタイル抜群のため説得力があります。
「斉藤夏海」さん自身のSNSも人気なため支持率も大会です。
popteenやScawaiiの人気モデルさんたちも愛用しています。
今では「鈴木奈々」さん、人気モデルの「平尾優美花」さんなど、飲んでいる方は肌も綺麗でスタイルも抜群で効果が見られます。

Happy Magic(ハッピーマジック)

「美感青汁」は辻希美さん、矢田亜希子さん、山本モナさん、藤本美貴さん愛用

「美感青汁」も有名です。
なんと「美感青汁」はジェルタイプになっています。
なので忙しい朝でも外出先でも水に溶いたりする必要もなく「チュルチュル」と簡単に時間がかからずに摂取できます。
そしてプラセンタやコラーゲン、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、ビタミンC、セラミドと女性にとって嬉しい美容成分がたっぷり入っています。

「美感青汁」は辻希美さん、矢田亜希子さん、山本モナさん、藤本美貴さん愛用

飲みやすいマンゴー味とザクロ味

青汁が苦手な人でも美味しく飲めるのはもちろん健康や美容にもダイエットにも向いています。
元モーニング娘の「辻希美」さんも愛用者の一人です。
なんとその美味しさからお子様も飲んでいるみたいです。
飲みやすいマンゴー味とザクロ味で、お子様から大人まで美味しく飲めます。

他にも「矢田亜希子」さんも愛用者の一人です。
いろんな場所へ移動の多い矢田さんでもいつでも場所に制限される事無く飲めると絶賛しています。
「山本モナ」さんや「藤本美貴」さんも愛用しています。

美感青汁

「キューサイのはちみつ青汁」ダルビッシュ有さん、東尾理子さん、杉本彩さんたちに人気な青汁

「キューサイのはちみつ青汁」も有名です。
キューサイの青汁は、青汁の原点とされる国産ケールを主原料としています。安全で高品質な国産ケールと熟成はちみつを合わせているため、飲みやすい味となっています。

「キューサイのはちみつ青汁」ダルビッシュ有さん、東尾理子さん、杉本彩さんたちに人気な青汁

相性の良いはちみつと青汁でゴクゴク飲める

はちみつは青汁と相性が良く、ほんのりとしたはちみつの甘味によってゴクゴク飲めると評判です。
何といっても有名になったのが「ダルビッシュ有」さんがSNSで紹介したことからでした。
世界で戦っている「ダルビッシュ有」さんが飲んでいれば真似したくなりますよね。
他にも「東尾理子」さん「杉本彩」さんと大御所さんたちに人気な青汁です。

青汁愛好家くわばたさん一押しの「えがおの青汁」

「えがおの青汁」も有名です。
ほかの青汁商品と比べて、たくさんの植物原料を使っていて、栄養バランスが整えられます。
使用されている原料はすべて国産で安心して飲めます。
れびゅーでも評価が高く、「青臭くなくて飲みやすい」、「粉末が水や牛乳、豆乳に溶けやすい」と好評です。

青汁愛好家くわばたさん一押しの「えがおの青汁」

ほかにも「東原亜希」さん、住岡杏奈さん、照英」さん、白鵬」さんもお気に入りの青汁

クワバタオハラの「くわばた」さんも愛用しています。
くわばたさんは青汁愛好家で様々な青汁を飲んだうえで「えがおの青汁」が一番よくてリピートしています。
そのおけげか、スタイルもすごく良くて、お肌も年齢も割にはとても若々しく保っています。
ほかにも、「東原亜希」さんレイザーラーモンHGさんの奥様である「住岡杏奈」さん「照英」さん「白鵬」さんまで愛用しています。

青汁の種類や効果は様々ですがどれも身体によく、美容やダイエット、健康維持に最適です。
自分で野菜や栄養を十分に摂るのはなかなか難しい事でもあります。

健康維持の為にご年配のかたでも野菜不足の気になるお子様にも、美容ダイエットに専念している若い方にもあらゆる世代の方が飲める青汁がたくさんあります。
自分がどの目的で青汁を始めるかを十分に分かった上で、自分に正しく合った飲みやすい青汁を選びましょう。

この記事を読む

青汁の主な素材について(クロレラ・クマザサ・ヨモギ・ケール・大麦若葉)

青汁に含まれる素材・食材として

  • クロレラを含む青汁
  • 大麦若葉を含む青汁
  • ヨモギを含む青汁
  • 長命草を含む青汁
  • クマザサを含む青汁
  • あしたばを含む青汁
  • ケールを含む青汁

について紹介します。

青汁の主な素材

青汁の主な素材について

青汁には野菜やハーブ界の女王や王様とも言えるような、植物・海外に誇るような植物・何億年も昔から活躍している植物など、栄養価の高い効果が高いものがたっぷりと含まれているのです。

この一杯を飲むだけで、野菜の栄養はもちろんタンパク質も十分に取ることができるので、ぜひ毎日の食生活に加えてください。

今、日本人は外食中心・食の欧米化などの影響で慢性的な野菜不足に陥っています。

今こそ必要な飲み物なのです。
毎日飲むだけなので、手軽に取り入れることができます。
健康食品ブームで注目を浴びている青汁。

さまざまな野菜を生で搾っていれることで、さまざまな健康効果を得ることができます。
青汁の代表的な食材を説明して行きましょう。

青汁の素材紹介

●クロレラとは

クロレラ

【原材料】
クロレラ:緑色の藻の仲間

【特徴】
タンパク質、ビタミン類、鉄分、葉酸

【効能】
免疫力の向上
余分な活性酸素を除去
便秘を改善
メタボリックシンドロームの改善

クロレラは緑色の藻の仲間です。
何億年も昔から変わらぬ姿で地球上を生き抜いてきただけに、摂取することでそのパワーを十分に取り入れることができるでしょう。
必要な栄養素がバランスよくたっぷりと入っています。
クロレラは、植物にはめずらしくタンパク質が豊富です。
その他にビタミン類、鉄分や葉酸も含まれているので女性にも嬉しいです。
野菜中心でありながらもクロレラのおかげでより栄養バランスがよくなるのです。

●大麦若葉とは

大麦若葉

【原材料】
大麦若葉:イネ科の植物の大麦の若い芽の部分

【特徴】
SOD酵素やカルシウム・鉄や亜鉛・ミネラル類やビタミン類

【効能】
免疫力向上
便秘解消
冷え性改善
生活習慣病の予防
細胞の健康維持
骨や歯を丈夫にする
ストレスへの抵抗力を高める
眼精疲労予防

大麦若葉は、その名の通り、イネ科の植物の大麦の若い芽の部分です。
SOD酵素やカルシウム・鉄や亜鉛・ミネラル類やビタミン類などさまざまな栄養素がバランスよく含まれています。
免疫力向上や便秘解消・冷え性改善・生活習慣病の予防などにおすすめです。
細胞の健康維持や骨や歯を丈夫にする効果もあります。
精神を落ち着かせるための効果もあり、ストレス社会の現代におすすめです。
ストレスへの抵抗力を高める効果もあります。
目の健康に働きかける効果もあり、眼精疲労予防にも効果的です。
パソコンやスマホ・テレビなど目を酷使する毎日を送っているでしょうから、ぜひ取って欲しい植物です。

●ヨモギとは

ヨモギ

【原材料】
よもぎ:キク科の多年草

【特徴】
ハーブの女王

【効能】
ガン予防
血中コレステロールの低下
アレルギーや高血
切り傷やアトピーの改善
お灸
婦人科系のトラブル改善

よもぎもちなど、日本ではおなじみのものですが、ハーブの女王とも呼ばれておりその効果は絶大です。
ガン予防や血中コレステロールの低下・アレルギーや高血圧にも有効です。
切り傷やアトピーの改善のためにお肌につけたり、お灸に使ったり、さまざまな活用法で現在でも薬草として活躍する植物です。
よもぎ蒸しなど婦人科系のトラブルの改善にもおすすめです。

●長命草とは

長命草

【原材料】
長命草(サクナ):沖縄など温暖な地域の多年草

【特徴】
ビタミン類やカルシウム・カロテン
ポリフェノールの一種・クロロゲン酸やビスナジンなども豊富

【効能】
風邪やぜんそく
腎臓病
神経痛

長命草は沖縄など温暖な地域の多年草です。
強い日差しを浴びてミネラルがたっぷりです。
ビタミン類やカルシウム・カロテンなども含まれており、風邪やぜんそく・腎臓病・神経痛などの治療薬として民間療法でも昔から用いられてきました。
ポリフェノールの一種・クロロゲン酸やビスナジンなども豊富で、特にポリフェノール量はゴーヤの7倍。
美容効果も十分なのです。
沖縄では「サクナ」という名で知られ、煮込み料理などで使われます。

●クマザサとは

クマザサ

【原材料】
クマザサ:北海道から南は沖縄まで自生

【特徴】
ビタミンやミネラル・葉緑素

【効能】
傷ややけどの手当
胃腸の病気
高血圧
糖尿病

葉の縁が白く、隈取りのようになっていることからこの名前がついています。
北は北海道から南は沖縄まで幅広く自生している身近な植物で、傷ややけどの手当・胃腸の病気や高血圧・糖尿病など民間療法で使われてきた万能薬です。
ちまきを包むために使われることもありました。
ビタミンやミネラル・葉緑素など豊富で、美容に健康にとさまざまな効果が期待できます。

●あしたばとは

あしたば

【原材料】
明日葉:「たとえ今日摘んだとしても明日にはもう新しい芽が出ている」という意味

【特徴】
ビタミンやミネラル・食物繊維が豊富
良質のタンパク質

【効能】
肥満を抑制
抗ガン作用や殺菌作用
アレルギー抑制
胃潰瘍改善
セルライト解消
内臓脂肪燃焼
高血圧の予防
血液サラサラ

あしたばは「明日葉」と書きます。
「たとえ今日摘んだとしても明日にはもう新しい芽が出ている」という意味で、それほど成長が早く、生命力の強い植物なのです。
野菜の中でも特にビタミンやミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。
植物でありながら良質のタンパク質も含有しており、不老長寿の妙薬ということで秦の始皇帝・漢の武帝などもわざわざ日本にこの植物を求めて家来を遣わしていたという伝説があります。
世界に誇れる日本原産の植物なのです。

●ケールとは

ケール

【原材料】
ケール:キャベツの原種に近い野菜

【特徴】
野菜の王様
ビタミン類が非常に多く、食物繊維や葉緑素・カルシウムなども豊富
独特の苦味や青臭さがあり、味にはクセがあり

【効能】
肥満抑制
血糖値を下げる
腸内環境を整える
ドライアイ予防
視力回復(ブルーライト対策)
整腸
血行促進(冷え性改善)
老化防止
更年期障害改善
美肌効果
歯や骨を頑丈に
不眠対策
花粉症対策

ケール

青汁といえば、あしたばと共に有名なのが、このケール。
見た目はキャベツと似ていますが、キャベツとは違って丸く葉が巻くことはなく扇状に広がった形になっています。
栄養価が高く野菜の王様と呼ばれる植物です。

キャベツなどの植物は食べやすくすることを目的に品種改良を繰り返す中で栄養素のいくつかは失われてしまいました。
しかしながら、ケールはキャベツの原種に近い野菜だけに野生植物のままの栄養価を失うことなく持っているのです。
ビタミン類が非常に多く、食物繊維や葉緑素・カルシウムなども豊富なのです。

ただ、独特の苦味や青臭さがあり、味にはクセがあります。
そのため野菜として食用にするのには向いていません。
青汁が苦手という方はケールの味に抵抗がある場合が多いです。

ただ、冬キャベツが甘いのと同じで、ケールも冬場に取れるものは夏のものよりも甘味が抑えられるという特徴はあります。
また、粉末タイプや粒タイプなど飲みやすいタイプのものも多く出ているので、苦手だからとあきらめずいろいろ試してみてください。

この記事を読む

青汁を続けることの重要性

青実の気になる

  • 得られる効果
  • 青汁選びのコツ

を紹介します。

青汁を続けることで得られる効果

青汁は体質改善で効果を実感することも多く、飲みはじめてから毎朝すっきり起きられるようになったりお通じが改善し肌ツヤが良くなったりと健康だけでなく美容にも効果的です。

さらに乳酸菌入りの青汁であればアレルギー体質が改善することもあるようです。
青汁を続けることは身体にとって良いことばかりなのです。

  • 体質改善効果
  • 毎朝すっきり起きられる
  • お通じが改善
  • 美肌効果
  • アンチエイジング
  • アレルギー体質が改善

青汁を続けることの重要性

青汁は手軽に豊富な栄養素を摂取出来ることから、健康食品の中でも人気の高い商品です。

青汁を続けることの重要性

そして青汁は簡単にはじめられるのがメリットではありますが、長期的に摂取し続けることで効果を発揮するため即効性を期待するべきではありません。

効果の実感が得られるには個人差がある

効果の実感がわかるまでの期間は個人差がありますが、少し便秘気味だという人の場合だと体質に合っていれば飲みはじめて3日後にお腹がすっきりするほどのお通じがあることもあるようです。

ただしそれが順調に毎日続くというわけではないこともあり、一度しか効果を実感出来なかったからという理由で青汁を飲むことをすぐにやめてしまうのはもったいないかもしれません。

自分にとって飲みやすい青汁を選ぶのがコツ

また青汁を飲みたいと思っていても特有の苦味や青臭さが苦手で飲めないという人も多いようです。

青汁を選ぶコツ

しかし最近は青汁を販売しているメーカーが実にたくさんあり、苦手な人のために飲みやすくする工夫をされている青汁も数多くあります。

牛乳や豆乳で割るのは定番

自分にとって飲みやすい青汁を選ぶのがコツ

例えば味は抹茶風味にして水で割るだけでなく牛乳や豆乳で割って青臭さを軽減させる飲み方を紹介していたり、様々なフルーツを一緒に配合することで味も緑色の見た目と違いジュースのような感覚で飲めるものもあります。

自分にとって飲みやすい青汁を選ぶのがコツ

このように、少しでも長く続けるためには自分にとって飲みやすい青汁を選ぶのがコツということです。

実際に初めて飲んだ青汁が美味しいものではなくずっと避けていたものの、やはり健康維持のために青汁を飲みたいと違うメーカーのもので再挑戦してみたところ驚くほど美味しく飲むことが出来、以来毎日欠かさず青汁を飲むのが日課になったという体験談もあります。

野菜が苦手なお子様にも青汁

青汁は大人だけでなく野菜が苦手なお子様にも飲ませたいという人も少なくないようです。
しかしやはり大人に比べるとどんなに飲みやすいとされる青汁でも飲むのが苦手ということが多く親の思惑通りには行かないこともよくあることです。

料理や手作りおやつに青汁を使うと抵抗がなく摂れる

野菜が苦手なお子様にも青汁

そんなお子様には料理に使うのも手です。
普段の食事のメニューに振りかけてみたりお味噌汁に混ぜて分からないようにする方法もおすすめです。

最もお子様が拒否反応を示さないのが手作りおやつに混ぜるというものです。
蒸しパンやホットケーキ、クッキーなどに混ぜてしまえば、ほとんど風味も変わらず甘さもあるため美味しく食べてくれる可能性が高い方法と言えます。

この記事を読む

やわた おいしい青汁の口コミ:購入・評判

やわた おいしい青汁の口コミを紹介します

おいしい青汁
やわた おいしい明日葉青汁

「やわたのおいしい青汁」には、ビタミン(A、B群、C)、カテキン、食物繊維、乳酸菌など食生活のバランスを整える様々な栄養素が含まれています。
甘味のあるスッキリとした味わいなので、お子様からご年配の方まで幅広い世代に人気です!

やわた おいしい青汁の口コミ

テレビでもおなじみの大手のメーカーの青汁なので安心して飲むことができました。

原材料にもこだわりがあり、「やわた おいしい青汁」は濃厚でありながらも飲みやすかったです。

口コミで、「飲むようになってから便通がよくなった」と書かれていましたが、毎朝、快調になりました。

おいしい青汁の口コミ

三日に一度ほどの便秘体質で、いつもお腹周りがパンパンだったのですが、すっきりとしています。

やわた おいしい青汁のおかげで元気な毎日を過ごすことができています。

野菜が苦手な主人のために購入しました。

ビタミンやカテキン、食物繊維や乳酸菌まで幅広い栄養素が含まれているので安心です。

口コミ通り、甘みはあるのですがすっきりとした味わいで飲みやすいです。

個装されているので、持ち運びにも便利で外出先でもいただけるので助かっています。

飲み始めてから朝の目覚めも良くなり、一日中パワフルに動けるようになりました。

これもおいしい青汁のおかげと思い、今後も夫婦で続けていきたいと思っています。

「やわた おいしい青汁」は、国産有機栽培の原材料を使用した健康飲料です。

大麦若葉をはじめ、モロヘイヤやケール、ゴーヤや抹茶など8種類の厳選した材料が使われています。

1杯の中に多くのビタミンや食物繊維が入っているので、十分な量の野菜を摂るのが難しい場合にもおすすめです。

口コミでは、様々な料理に混ぜて使えたり、ヨーグルトや牛乳に混ぜて飲めるので毎日続けやすいという意見が多く、飲みやすいのが魅力の青汁と言えます。

美味しく飲めて栄養もたっぷりとれることから、口コミで人気が広がったのが「やわた おいしい青汁」です。

青汁特有の苦みや臭いがなく、ほどよい甘さで子供から大人まで誰にでもおすすめできます。

おいしい青汁口コミ

原料は大麦若葉をはじめとする8種類の有効成分で、全て国産の有機栽培ですので安全性が高いのも特徴です。

個別包装の粉末タイプになっていて、水で溶かして飲む以外に牛乳やヨーグルトに混ぜても美味しく、料理にも使えるなど飽きずに飲める工夫もされています。

この記事を読む

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の口コミ

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の評判・口コミ

めっちゃたっぷりフルーツ明日葉青汁

GENKINGさんも愛用!
モニターの97.3%が実感!「飲みやすい♪」「始めやすい♪」「続けやすい♪」「もっと早く出会いたかった…!」との声!!
★安心の国産原生成分たっぷりの栄養で高い実感率!
★121種類以上の酵素でダイエットに燃えるカラダづくり。11種のビタミンと7種のミネラルを配合

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の口コミ

「めっちゃフルーツ青汁」はその名のとおり、フルーツの味がほのかにします。

子供の野菜不足を心配して青汁を飲ませたかったのですが、牛乳と割って飲ませてみたところ「おいしいね」と好評でした。

口コミ通りのおいしさに満足しています。

普段の食事から必要な栄養素を摂取するのは難しいので、めっちゃたっぷりフルーツ青汁を飲んで、これからも家族の健康を維持していきたいです。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は価格的にも続けられやすいと感じました。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁を朝食代わりに一杯飲んでいます。

たくさんの栄養素が一度にとれるので忙しい朝におすすめです。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の口コミでは、「牛乳と混ぜて飲むとおいしい」と書かれていましたが、確かにジュースのようで美味しいです。

ダイエット目的で購入したのですが、健康にも役立っています。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁口コミ

めっちゃたっぷりフルーツ青汁を飲んで一か月後には、体重が2キロも減っていました。

見た目にも顔や体のむくみも取れてすっきりとしました。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は、フルーツジュースのように甘く飲みやすい青汁で、121種類もの野草や野菜に加え、果物や海藻の酵素などが配合されています。

脂肪を燃焼させやすくする成分も入っているのでダイエットのサポートにも最適です。

他にも生きた乳酸菌が便秘を改善するなど、健康だけでなく美容効果も高いことから、口コミで人気が高まりました。

特に置き換えダイエットに利用すれば、栄養をきちんと摂りながら健康的なダイエットができます。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は、毎日1杯飲むだけで、足りない栄養分を補うだけでなく、美容やダイエット効果まで期待できる青汁です。

フルーツが配合されていることから、苦くてまずいといった青汁のイメージと違い、甘く飲みやすいのが特徴です。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁口コミ

無理なく続けられることから、女性達の間で口コミによって広がり人気が高まりました。

121種類の酵素をはじめ、腸までしっかり届く生きた乳酸菌、ミネラルやビタミンに加え、美肌に欠かせないプラセンタやコラーゲンも配合されています。

この記事を読む

Happy Magic(ハッピーマジック)の口コミ

ハッピーマジックの口コミレビューまとめ

Happy Magic明日葉青汁

斉藤夏海プロデュース。鈴木奈々さんも愛用のHappy Magic。
ダイエットに効果があると口コミで人気。
味はほんのり甘くておいしく、パッケージも美容と健康に気を使うおしゃれな女性向けのデザインも口コミで人気です

Happy Magicの口コミ

ハッピーマジックは飲みやすくて、ダイエット効果がすごいという口コミで愛用者が増えています。

どこがすごいのかというと、体の内側からスッキリする成分である国産の桑葉末と元気になる成分である抹茶、美容に効果的なケラチン加水分解物が、はいっているからです。

ケラチンは髪や爪や皮膚を形成する大切な成分です。

豆乳や牛乳でシェイクして飲めば、腹持ちもよく、ダイエットの強い味方になってくれます。

国産の原料だけを使用していて、添加物もはいっていないので、安心して使えます。

これは健康的に美しい体を作ることのできる青汁です。

ハッピーマジックは口コミでも青汁なのに飲みやすいと評判です。飲みやすい味の秘密はハチミツが入っている所にあります。

おいしく飲みやすいので毎日簡単に続けることが可能です。

Happy Magicの口コミ

体をきれいにするための成分として、ダイジェザイム酵素やりんごポリフェノール、キウイフルーツエキスといったものが入っています。

この青汁は栄養が豊富なので、これを1杯飲めば食事1回分の栄養を摂ることができます。

Happy Magicはまったく新しい青汁です。

この青汁には黒糖が含まれており、ほろ甘いのです。

また、リピート率は95パーセントを超えます。

それだけ多くの愛飲者がいるということです。

青汁は体に良いことで知られています。

なぜなら、現代人に不足しがちの、野菜成分をたくさん摂れるからです。

青汁は便秘の解消にも役立ちます。

飲んでいてよいことづくめです。

そんな青汁の代表格とも言えるHappy Magicですが口コミで人気が広がりました。

一度飲んだらやみつきになり、人にも勧めたくなる。

そんな青汁がHappy Magicです。

Happy Magicはとても特別な青汁です。

その一番の特徴は、黒糖が入っていることです。

この黒糖のおかげでこの青汁はほろ甘い味をしています。

またもちろん体にも良いです。

Happy Magicにはたくさんの野菜がはいっており、コップ一杯飲むだけで、一日に必要な野菜成分を取ることができます。

ハッピーマジックの口コミ

ですので、消費者の皆さんからとても好評をいただいております。

リピート率は95パーセントです。

また、口コミでも爆発的な広がりを見せています。

今話題のHappy Magicを健康のために飲まれてみてはいかがでしょうか。

この記事を読む

すっきりフルーツ青汁の口コミ

すっきりフルーツ青汁の口コミレビューまとめ

すっきりフルーツ明日葉青汁

お肌にうれしい美容成分のコラーゲン、プラセンタン、セラミド、さらに豆乳パウダーも配合の女性のための乳酸菌青汁です。

すっきりフルーツ青汁の口コミ

すっきりフルーツ青汁は、飲むだけで痩せやすい身体つくりができると口コミで話題のダイエットドリンクです。

青汁が健康に良いことは広く知られていますが、苦みや青臭さなどが苦手で飲み続けるのが難しいと感じる人もいます。

しかしすっきりフルーツ青汁は苦みがなく、フルーツジュースのように甘く飲みやすいので、毎日美味しく飲み続けられます。

代謝を促してくれる80種類の酵素や生きた乳酸菌が入っているので、野菜不足に悩んでいる場合にもおすすめです。

すっきりフルーツ青汁は、青汁なのに美味しく毎日続けられ、健康と美容、さらにダイエット効果も期待できることから口コミで話題になった製品です。

81種類の酵素をはじめ、ビタミンやミネラル、美容成分のコラーゲンやプラセンタまで配合されているのが特徴で、毎日1杯飲むだけで健康的に美しくなれるのが魅力です。

フルーツ味なので飲みやすく、青汁特有の苦みも感じません。

すっきりフルーツ青汁の口コミ

生きて腸まで届く乳酸菌も入っているので、便秘を改善するのにも役立ちます。

すっきりフルーツ青汁はダイエットに最適の青汁です。

体内環境を整え、痩せやすい体づくりと、149種類以上の酵素で燃えやすい体づくりをサポートします。

直接、腸まで生きた乳酸菌が届くのでお腹もすっきり、溜めにくい体へ導きます。

フルーツ青汁の口コミでも、ダイエットでマイナス10キロ達成された方や、朝からスッキリされている方もいます。

まるでフルーツジュースのようでおいしいと評判のすっきりフルーツ青汁は、お得でらくらく定期コースがあります。

青汁は健康やダイエット目的として飲み始める人は多いのですが、それを続けるのには努力が必要となっていました。

それには何よりすすんで飲みたくなるような味でなかったことが多いのです。

そこでフルーツ青汁の口コミで多くの人に支持されているすっきりフルーツ青汁があります。

すっきりフルーツ青汁口コミ

何事も継続が一番です。

健康とダイエット効果の両方が手に入るもので、毎日飲むことが嬉しくなるようなもので、その中でも特徴的なのは80種類以上もの酵素にあるのです。

この記事を読む

▲ページトップに戻る