生活習慣病予防に青汁

青汁,ダイエット,コレステロール,血圧,血糖値改善

生活習慣病予防に青汁

食事が欧米化するのにしたがって、野菜不足の人が増えてきています。

野菜を意識して食べることが一番の方法ですが、どうしても食事が疎かになりがちだという場合には、青汁を食事に付け足すなどすることがオススメです。
青汁は「健康のサポート」のできる飲み物で、豊富な野菜の栄養素が含まれています。
様々な栄養素が含まれていることから、健康や美容に効果的です。

 

まず、生活習慣病予防に青汁は効果的です。
生活習慣病とは、生活習慣が原因によって引き起こされる病気で、ガンや糖尿病、脳卒中が三大死因となっており、心臓病や高血圧、肥満なども問題になっています。

 

生活習慣病に大きな影響を与えるのが食事です。
特に肥満になってしまうと、生活習慣病のリスクは高くなってしまいます。
肥満を改善したり予防するためには、野菜を取り入れた食事を心がけていく必要があります。

野菜不足が気になったら青汁を

 

しかし、野菜が苦手であったり、外食が中心になっていると野菜不足になります。
そんな食生活を補うのに役立つのが青汁です。


自分に合った青汁を見つけよう

コレステロール値を下げる

 

青汁を飲むことの具体的な効果としては、血中コレステロール値高い時に飲むことによって、コレステロール値を下げることを期待することができます。
コレステロール値を下げる効果のあるビタミン類や食物繊維が豊富に含まれており、飲むことで効率的に下げることが可能です。

 

ビタミンCがコレステロールを胆汁酸に変化させて体外へ排出を促し、ビタミンEが過酸化脂質に変化したコレステロールを分解して血液の流れがスムーズになり、ビタミンB群がコレステロールの酸化を防いで予防をしてくれて、食物繊維がコレステロールを吸着して体内に吸収されることを防ぎます。

 

血圧を調整

 

血圧が高いのも生活習慣病の一つです。
血圧の高くなる原因は塩分の取りすぎです。

 

塩分の摂取量を減らしていくのと同時に重要なのが、カリウムを意識して摂取することが必要となります。
カリウムは体内の余分な塩分を排出して血圧を調整する働きがあります。

 

効率的に摂取するには、青汁が有効です。
血液サラサラ血圧が高い時に改善することができ、糖分を控えめにした製品を選ぶことで糖質を摂らずに多くのカリウムを摂取できます。

 

 

血糖値改善

 

血糖値改善にも青汁は役立ちます。
ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などの緑黄色野菜が青汁に含まれる代表的な野菜です。
これらには、血糖値を下げる働きのある成分であるビタミン類や食物繊維、アミノ酸類がたくさん含まれています。

 

 

便秘予防

 

これに加えて、便秘予防に青汁は有効となります。
便秘になると腸内環境が悪くなってしまい、腹痛などの症状以外にも、免疫力が低下する、肌トラブルなどが引き起こされます。

 

青汁に含まれる食物繊維は豊富なため、手軽かつ簡単に摂取することができます。
青汁を飲むと下痢になってしまう人もいますが、体質に合わないというケース以外にも飲みすぎや腸の動きが追いつかないというケースもあります。

 

体質に合わない場合には、別の製品を試してみたり、自分の適量を知るなどの無理のない範囲で活用することがオススメです。

 

アトピーや花粉症の緩和

 

便秘が改善されれば、アトピーや花粉症の緩和にも役立ちます。
花粉症などはアレルギーを誘う要因である「インターロイキン4」という物質が体内に作られることで、それを排除しようとしてアレルギー症状が引き起こされます。
青汁で腸内環境が良くなり、青汁に含まれるインターロイキン4を減少させる効果が症状の緩和につながっていきます。

 

 

アンチエイジング

 

また、腸内環境が良くなるということはアンチエイジングに効果的なだけではなく、美肌・美白に青汁は効果的であるということでもあります。
腸内環境が良くなれば毒素や老廃物の体外への排出がスムーズに行くようになります。
老廃物などがなくなれば肌トラブルなども少なくなっていき、血行も良くなることで新陳代謝も良くなることで肌のターンオーバーも整っていきます。
肌のターンオーバーも整えば、美肌や美白などにつながっていきます。

 

ダイエット中の栄養補助

 

栄養豊富なことからダイエット中の栄養補助としても役立ちます。
ダイエット中はどうしても食事が偏りがちで、野菜不足にもなってしまいやすくなります。
青汁はそれを効率的に補えるようになっており、女性に嬉しい効果の多い豆乳で割ったりする工夫をすることによってタンパク質なども補えます。


自分に合った青汁を見つけよう

自分に合った青汁を見つけよう

様々な効果のある青汁ですが、製品も様々なものがあります。
ケールを主原料にしたものや、大麦若葉、明日葉などがあり、味やニオイ、飲みやすさなども異なってきます。
それぞれ試してみて自分にあったものを見つけることが大切です。

 

青汁を無理なく摂れる工夫

 

飲みやすくするためには、水やお湯で割るだけではなく、牛乳や豆乳、野菜ジュースやフルーツジュース、ヨーグルトにかけるなどの工夫をすることが良いとされています。

 

液体状で飲みにくいという場合には、サプリメントも選べます。

 

他にも、クッキーやケーキに混ぜるなどの取り入れ方もできます。
どのような形であれ、自分にあった方法で毎日摂取していくことが重要です。