MENU

栄養補助としての青汁

栄養補助としての青汁

現代人は野菜が不足していると言われており、野菜の一日の摂取目安を超えている人は決して多くありません。
しかし野菜にはさまざまな栄養素が含まれているため、健康な毎日を送るためには適度に野菜を食べることがとても大切です。

 

例えば、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAビタミンCは皮膚や目などの粘膜の健康を保ったり、風邪予防に効果があります。
他にも、アボカドやナッツなどにはビタミンEが豊富に含まれていますが、ビタミンEは高い抗酸化作用があることで知られており、美容の面でも貴重な栄養素です。

 

 

理想的な一日の野菜量

 

自分に合った青汁を見つけよう

 

また、野菜は脂質が少なくカロリーが低いため、たくさん食べても太りにくく、生活習慣病の予防の面でも野菜を中心とした献立を食べることは効果的です。

 

そして、理想的な一日の野菜量は350gと言われています。
必ず食べなければならない野菜というものはなく、緑黄色野菜や葉物野菜など、自分の好みで選んで食べて良いようです。

 

肝心な食べ方もサラダでも煮物でも問題ありません。
しかし、実際に一日で350gもの野菜を食べようと考えても、なかなか難しい面もあるかもしれません。

 

朝少ししか野菜が食べられなかったため、昼や夜に多めに食べるなど、一日3回の食事の中でバランスよく食べることができれば理想なのですが、日々の生活が忙しくそんなことはできないという人もいるでしょう。

 

 

野菜不足で不健康になった例

 

ですが野菜をしっかりと食べないと、体にさまざまな不調が現れる可能性があります。

 

野菜不足で不健康になった例として、血流が悪くなった結果、肌荒れや便秘に悩まされたり、動脈硬化や高血圧に繋がったケースがあるようです。
他にも野菜に含まれるビタミンなどの栄養素が不足することによって常にイライラしてしまい、うつ病へ発展してしまったケースも。

 

そのため、少しでも野菜不足だという自覚があり、何らかの体の不調を感じている人は日頃から進んで野菜を摂取することが大切です。


青汁で野菜不足は補えるか

そして、こういった野菜不足を補うのにおすすめなのが青汁です。
青汁と聞けば野菜がたくさん使用されているイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際に青汁で野菜不足は補えるかというと、完全にではありませんが、一日の内の足りない分を補うことは十分可能です。
普段の食事だけでは野菜が足りないときに、食事にプラスしてみることで十分な効果が得られる可能性があります。

 

 

外食やコンビニ弁当が多い人は青汁を

 

外食やコンビニ弁当が多い人は青汁を

 

また、青汁は外食やコンビニ弁当が多い人にもおすすめです。
外食時にはよほど意識しないと十分な野菜を摂取することができませんし、コンビニ弁当が続いた場合にも野菜不足を痛感する人は多いのではないでしょうか。
外食もコンビニ弁当もとても手軽で美味しいものですが、気をつけないと慢性的な野菜不足になってしまいます。

 

 

偏食がちな人に青汁

 

偏食がちな人に青汁

 

他にも、偏食がちな人に青汁はおすすめです。
一般的に偏食がちな人は食べ物から摂取する栄養が偏っていることが多く、慢性的な栄養不足に陥っている可能性も少なくありません。
ですが青汁を飲むことによって、手軽に必要な栄養素を摂取することができます。

 

 

野菜嫌いの子供に青汁

 

野菜嫌いの子供に青汁

 

また、子供に飲ませてあげるのも良いかもしれません。
野菜嫌いの子供は多いため、子供にどうやって野菜を食べさせれば良いか日頃から悩んでいる人は多いです。
中には、野菜を見るだけで拒否反応を示す子供もいるため、そういった子に野菜を食べさせることはとても大変です。
ですが青汁であれば、牛乳やフルーツジュースなどで割って与えてあげることで、子供でも美味しく飲んでくれます。

 

 

年配の食が細くなった方に青汁

 

年配の食が細くなった方に青汁

 

さらに年をとるにつれて食が細くなってしまうため、年配の方は栄養が足りていないという場合も多いです。
ですが年配な方だからこそ、栄養をきちんと摂り、日々を元気に過ごしたいものです。
こういった場合でも、食が細い方の栄養補助に青汁は最適です。
このように青汁は年代を問わずさまざまな人におすすめで、ビタミンやミネラルなどの体に必要な栄養素を手軽に摂取することができます。

青汁のタイプも色々

青汁のタイプも色々

青汁と聞けば美味しくなさそうといったイメージを持っている人も多いかもしれませんが、青汁は複数のメーカーからさまざまな種類が販売されており、子供でもゴクゴク飲めるような口当たりを売りにしている製品もあります。
また、フルーツを混ぜ込むことによってまるでジュースのように美味しく飲めるというものもあるため、自分の好みに合わせて選ぶことが可能です。

 

さらに青汁のタイプも色々あり、粉末タイプのものから粒タイプのものまで存在します。

 

例えば、粉末タイプのものであれば、ちょっとした外出先や旅行先にも持っていくことができ、思いついたときに気軽に飲むことができますし、粒タイプのものは青汁の味や風味がどうしても苦手という人におすすめです。

 

日々の健康のためにも食生活には十分に気をつけて、最近野菜不足だと感じたときには適度に青汁を生活に取り入れることによって、より毎日を健康に過ごすことができます。