自分に合った青汁のタイプを選ぼう

自分に合ったタイプの青汁を選ぶためには、主原料以外にも飲むときのタイプに分けて選ぶことも可能です。

 

ドリンクタイプの青汁

 

ドリンクタイプの青汁

 

【メリット】
栄養価が高い

 

【デメリット】
青臭く飲みづらい

 

まず挙げられるのが、ドリンクタイプの青汁です。
ボトルにそのまま液体が入っているのが特徴で、野菜ジュースのように味が整えられているものは少なく、栄養価を重点に置いていることから味は二の次になっており、青臭く飲みづらいと感じる人が多いとされています。
青臭さや苦味が良いという人には美味しく飲めますが、野菜の苦味などが苦手な場合には避けたほうが無難といえます。
ただし、栄養価は高いと考えられています。

 

 

粉末タイプの青汁

 

粉末タイプの青汁

 

【メリット】
熱処理をしていないため、ビタミンが損な割れずに取り入れることができる
外出先にも持っていくことが可能

 

【デメリット】
粉っぽく感じることがある

 

一般的なのが粉末タイプの青汁です。
水やお湯などに溶かして飲むタイプで、牛乳や豆乳、フルーツジュースなどで割って飲んでも美味しく飲むことができます。
顆粒タイプとフリーズドライタイプの二種類があります。

 

フリーズドライは熱処理をしていないため、ビタミンが損な割れずに取り入れることができるというメリットがあります。
栄養バランスはよく、水に溶かしの持ち歩いたり、粉末をそのまま持ち歩くことで、外出先にも持っていくことが可能です。

 

便利なタイプですが、粉末状になっているため飲む時に粉っぽく感じることがあります。
それも飲んでいくうちに慣れてきます。

 

 

冷凍タイプの青汁

 

【メリット】
鮮度の高い状態で冷凍してあるため味も栄養も豊富

 

【デメリット】
青臭さや苦味がある

 

冷凍タイプの青汁は、文字通り生の青汁を絞って冷凍したものです。
ドリンクタイプと比べて、鮮度の高い状態で冷凍してあるため味も栄養も青汁そのものと言えるタイプになります。

 

粉末タイプと比べても食物繊維は冷凍タイプの方が圧倒的に多く含まれています。
栄養素も冷凍タイプの方が豊富になります。
これも、野菜本来の味が強いため、青臭さや苦味を感じてしまいます。

 

 

サプリメントタイプの青汁

 

サプリメントタイプの青汁

 

【メリット】
飲みやすく、管理がしやすい 簡単に飲むことができる

 

【デメリット】
一錠あたりに含まれる栄養素が少ない

 

サプリメントタイプの青汁は時間がないときでも飲みやすく、管理のしやすいタイプになります。
簡単に飲むことができますが、一錠あたりに含まれる栄養素が少ないため多めに摂取することが必要となります。
一度に摂取することは難しいため、毎食後の後など1日に何度かに分けて摂取することで効果を発揮します。

 

どのようなタイプであれメリットとデメリットが存在していきます。
また、同じ野菜でも原産地や製品化するときの高低によって栄養素は異なってきます。
青汁を選ぶ場合には、原材料や原産地、製品工程などを比較した上で、自分の得たい効果や好み、ライフスタイルに合わせてあったタイプを選んでいくことをオススメします。
最も大切なのは、毎日続けて飲むことです。
そのため無理なく続けられるタイプを選ぶことが重要となります。

偏った食事や外食中心、食の欧米化などによって野菜不足の人が増えています。
そんな野菜不足を補うのに効果的なのが青汁です。

 

青汁は野菜の絞り汁のことをいいますが、市販の青汁は様々な野菜が使われており、栄養豊富なのが特徴となっています。
まずい飲み物の代表的な存在でしたが、近年ではヨモギや小松菜、ハチミツなどを使って比較的飲みやすくなっています。

 

青汁の代表的な食材としては、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などが挙げられます。

 

 

キャベツやブロッコリーの原種「ケール」

 

キャベツやブロッコリーの原種「ケール」

 

ケールは、アブラナ科の植物でキャベツやブロッコリーの原種とされています。独特の香りと強い苦味を持つ植物で、青汁などに加工して摂取することが一般的です。

 

栄養価は非常に高く、カロテノイド系の色素であるルテインやβカロチンを豊富に含んでおり、牛乳の2倍ものカルシウム、メラトニン、ビタミンEやビタミンC、食物繊維などが含まれています。

 

これらの栄養素によって、皮膚の粘膜を丈夫にしたり、アンチエイジング効果、良質な睡眠を促す効果やストレスを緩和したり、免疫力を高める作用などを期待することができます。

 

 

生活習慣病を予防する「大麦若葉」

 

大麦若葉は、文字通り大麦の若葉になります。
ケールに比べて飲みやすく青汁を初めて飲む人でも飲みやすいのが特徴です。

 

SOD酵素やカルシウム、鉄分、亜鉛、カリウムなどのミネラル類やβカロチン、ビタミンB、ビタミンC、トリプトファンなどのアミノ酸、食物繊維などがバランス良く含まれています。

 

生活習慣病を予防したり、細胞の健康を維持する、歯や骨を丈夫にしたり、冷え性を改善するなどの効果があるとされています。

 

 

生命力が強い「明日葉」

 

v

 

明日葉は、セリ科の植物です。
生命力が強く、若葉を摘んでも明日には伸びるということから明日葉という名になっています。
βカロチンやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのほか、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル類、食物繊維などが含まれています。

 

摂取することによって生活習慣病を予防するほか、免疫力を高めたり、便秘を解消する、美肌効果などを得られます。

 

 

1-デオキシノジリマイシンが含まれている「桑の葉」

 

1-デオキシノジリマイシンが含まれている「桑の葉」

桑の葉は、青汁以外にもお茶やサプリメントなどに利用されています。

 

ビタミンやミネラルなどのほか、特有の成分1-デオキシノジリマイシンという成分が含まれているのが特徴です。

 

これらの成分によって、血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防したり、脂肪の蓄積を防ぐなどの効果が得られます。

 

青汁はこのような主原料で選ぶことができます。